結局。

結局

本業を忘れて書く雑記みたいなブログ

サカナクション「忘れられないの」を衣装にフォーカスして解説!80'sの中にモダンっぽさを落とし込んだ秘訣とは?

6月21日に公開され、10日間と経たずに再生回数400万弱と脅威の数字をたたき出したサカナクションの「忘れられないの」。80年代を意識したようなMVは、まさに曲のタイトル通りで、特徴的なベースラインが頭の中で響きながら、ボーカル山口の独特なダンスが脳裏に浮かぶ。

 

そのサウンドも、MVの構成も、エキストラの振り付けも、全てが80年代を想起させるが、何といっても注目したいのは衣装だ。

 山口氏が着用するジャケットに注目!ゴージラインとシルエットが肝

ゴージラインとは、上襟と下襟の境目(縫い目)であり、下襟(ラペル)の高さとなる部分。位置や角度によってスーツの表情が変わり、高めだとシャープに、低めの場合は落ち着いた印象にまとまる。まったく異なるイメージを持つため、スーツを買う場合には気にしなければならないディテールではあるものの、あまり気にしている方が少ないのも事実だ。

 

スーツスタイルにおいて重要ともいえるこのゴージラインにもトレンドは存在する。ストリートスタイルのように移り変わりやすいものではなく、緩やかに仕様を変えていくのだ。2000年代より一般的になったのは、高め位置でスタイリッシュに仕上げたモデル。ここ最近のビジネススーツと呼ばれるものは、ゴージライン標準~やや高めに設定されておりビジネスのみならずフォーマルにも使えるのが特徴だ。ちなみに、ここ最近の潮流である“クラシック回帰”によりゴージライン低めで落ち着いた印象のあるジャケットも人気を集めている。

f:id:Greatest-k:20190629204146p:plain

▲80年代に一世を風靡したドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」を彷彿とさせるスーツと色合わせ。

さて、山口氏が着ているジャケットはというと、シャツの襟先にほど近い位置でゴージラインが出ている。要するに低めだ。※動きっぱなしでちゃんと確認できないけど…
肩には厚めのパッドが入っており、ウエストにシェイプを若干入れつつも身幅たっぷりで恰幅の良い感じ。パワフルさをアピールしようとした80年代を象徴するジャケットの作りそのものである。ダンスがパワフルなのも、そういうことなのだろう。

 

実はここ数年で80年代スーツはジワジワと人気を集めている。2017年秋冬には、バレンシアガ・ラフシモンズなどが「ビッグスーツ」として80年代を意識したスーツを展開。今年2019年にも、ダンヒルが「パワードレッシング」とシーズンコンセプトを掲げ、80年代のパワフルさを取り入れたパワースーツをリリースしている。ダサいのが一周回って格好いいと感じる世代にとっては、ドンピシャなシルエットなのだ。

f:id:Greatest-k:20190629213350j:plain

▲Balenciaga17awより。80年代スーツにストリートエッセンスを取り入れて。

Fashion Pressより出典

f:id:Greatest-k:20190629213521j:plain

▲Raf Simons17awより。シングルで浅めのVゾーン、丸みを帯びた肩がまさに80年代。

GQ Japanより出典

オフホワイトを基調としているのもポイント!パステルカラーで80's感もひとしお

メンバー5人が白で揃えた衣装に包んでいるのもポイントだ。オフホワイトやパステルといった色味は80年代っぽさを演出するには手っ取り早い。

f:id:Greatest-k:20190629215814p:plain

▲リゾート感ある色合わせもイイ。

白やオフホワイト、生成り色といった色合いは80年代に何度もブームとして訪れ、かつその年代のDCブランドに多く取り入れられていたからだ。パステルカラーは、80'sファッションにはあまり見られる色ではないものの、冷蔵庫やオーブンなど家電商品に多く見られた。

 

また、今季のトレンドカラーとしても注目を集める。ディオールルイ・ヴィトンは2019年春夏コレクションにおいて、白やエクリュといった晴れやかな色をメインにしたルックを多く登場させた。男女を問わずオールホワイトコーデが流行っている中、サカナクションの衣装はまさに80年代と今をリンクさせたのだ。

f:id:Greatest-k:20190629224844j:plain

▲Dior19ssより。素材感で表情をつけたオールホワイトコーデ。

FashionPressより出典

f:id:Greatest-k:20190629225212j:plain

▲LouisVuitton19ssより。バレンシアガも手掛けるヴァージル氏のデビューコレクション。

FashionPressより出典

足元に選んだのはNIKEのBLAZER!ほどよいリラックス感がモダンな雰囲気へと導く

スーツに合わせる定番靴といえば革靴に他ならない。が、山口氏がオフホワイトのスーツの足元にチョイスしたのは、まさかのスニーカー。スーツ×スニーカーといえば、ビジカジスタイル・クールビズなどの軽装が許される今の社会では市民権を得た着こなしではあるが、80年代にしては違和感のある恰好。それこそが、サカナクションが打ち出した現代(モダン)的なニュアンスだ。

f:id:Greatest-k:20190629230910p:plain

▲白ベースのアッパーに青のスウッシュが軽快感たっぷり。

 

しかも組み合わせているのがNIKEのBLAZERなのだから、抜け感がバツグンにきいてる。

f:id:Greatest-k:20190629231452p:plain

▲夏にピッタリなカラーリング。

楽天より出典

ナイキ初のバスケットシューズとして誕生したBLAZER。Lowモデルもあるが、こちらの「Blazer 77 Vintage Pacific Blue」はMidモデルしかなく、山口氏が履いているのは恐らくこれに限定される。名前に入っている77とは年式のことで、レトロな雰囲気をまとっているのが特徴だ。

普通なら、ホワイトレザーのスニーカーを合わせて、浮きすぎないよう配慮したスタイリングを組むだろうが、バスケットシューズを合わせて思い切りの良さをアピールした。80’sスタイルに、現代のストリートスタイルをミックスしたようなスタイリングで、一気に古っぽさを払拭している。

パンツの裾を絞っているのも特徴だ。バスケットシューズの上にクッションが出来るよう設定されている。デカデカとしたシルエットで、無造作に着こなしていながらも、実は計算され尽くされているのだから見事だ。

着こなしから色合わせ、ディテールに至るまで80'sを意識したグラマラスな衣装

どこにフォーカスしても80'sを彷彿とさせる衣装ながら、トレンドカラーやスーツにスニーカーの組み合わせなどを取り入れて巧く現代とマッシュアップ。そのモダンっぽさをスパイスとして活かしたMVを作り上げたサカナクション

 

他にもノータイスタイルであることや髪型、サングラスなども触れたい部分だが長くなってきたのでお愛想。ぜひ自分の目でチェックして、MVの空気感と衣装のマッチングの素晴らしさを体感してほしい。

挑発しまくるパクリデザインが特徴のストリートブランド「PizzaSlime(ピザスライム)」を紹介!

アメリカを代表する数々のアーティスト達に支持を受けているブランド「PIZZASLIME(ピザスライム)」。特にヒップホップカルチャーとは切っても切れない関係で、DrakeやLil Wayneなどの名だたるラッパー達もファンだという。今回はそんな知る人ぞ知るストリートブランド「PIZZASLIME」を紹介する。
 

偶然から生まれたクレイジーなブランド名「PIZZASLIME」

アメリカ・ロサンゼルスにて、Stobeman(ストーブマン)とHobin(ホビン)の手によって立ち上げられた、ストリートブランドのピザスライム。

そのインパクト大なブランド名がつけられたきっかけは、泥酔しながらブログのURLをランダム作成していたところ寝てしまい、目を覚ましたら「PIZZASLIME」という名のドメインを購入していたからだという。

始めは音楽を紹介するブログとして活動。そしてステッカーやアートワークTシャツを作成し、身内のみで着用していたが、デザイン性が話題となりムーブメントを起こす。次第にSNSなどでシェアされるようになるとアーティストやミュージシャンがファンとなり、また自然のような流れでそのファン達が興味を持ち始めていった。

 

f:id:Greatest-k:20181021191008j:plain

ファン兼インフルエンサーであるアーティスト達が気に入ったデザインはコレ!

奇抜なコラージュや、ユーモアで誰にも真似できないようなデザインを得意とするピザスライム。フォトショップで、自分の好きなものを、思いつくままに仕上げているとインタビューで答えている。

そんなピザスライムのファンであるアーティスト達を一部紹介!

 ・Skrillex(スクリレックス)

 

f:id:Greatest-k:20181021200237j:plain
f:id:Greatest-k:20181021200250j:plain


VERSACE・GUCCILOUIS VUITTONCHANELのパロディスウェット。
メルカリやヤフオクでも人気で、未だに手に入れたい人が後を絶たない。

・Diplo(ディプロ)

f:id:Greatest-k:20181021200648j:plain

f:id:Greatest-k:20181021200736j:plain

的のようなプリントの下に、CHANELの文字。逆にバックにはCHANELのロゴに「target」の文字がプリントされている。

また、Diploが主宰するレーベル会社「MAD DECENT」とピザスライムがコラボしたミックステープも出ている。

 

 ・Dillon Francis(ディロン・フランシス)

 

f:id:Greatest-k:20181021203445p:plain

主に若者の間で人気となったVAPE(電子タバコ)はストリートカルチャーにも浸透しており、それをパロディにしたTシャツを着用している。

 

DJばかり紹介したが、Kylee Jenner(カイリー・クリスタル・ジェンナー)やDrake(ドレイク)、Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)、Ryan Gosling(ライアン・ゴズリング)といった誰もが知るアーティストやタレントもファンの一部だ。

 

彼らのファンであるKyleeとDrakeの顔を引き延ばしたようなプリントを配したTシャツも(恐らく公認で)リリースし、すぐさま売り切れた。

f:id:Greatest-k:20181021211240j:plain
f:id:Greatest-k:20181021211244p:plain

 

PIZZASLIMEを日本で買うならオンラインのみ

ピザスライムのアイテムは、ロサンゼルスの一部ショップにて取り扱いをしているとのことだが、メインは公式サイトだそう。まるでピザの箱のようなケースに梱包し、ステッカーまでつけて配送してくれる。

f:id:Greatest-k:20190624002931j:plain

▲取っておきたくなるユニークな箱。

 

f:id:Greatest-k:20190624003003j:plain

▲オマケのステッカーは、頼む度に枚数も種類も変わる。ピザステッカーは確実。

 

過去にはコンドームの開いた袋や、使い古したソースを15ドルで販売して実際に売れたことも。また、人気モデルは稀に復刻することがあるので、Twitterをこまめにチェックしておくといいだろう。

f:id:Greatest-k:20181021210936p:plain

PIZZASLIMEirlはこちら

オンラインストアこちら

 

Angelus Paintを使ってスニーカーをカスタムするときに凡ミスした話

今年の1月。メンズファッションの世界最大プレタポルテ見本市であるPITTI UOMOに行った時のこと。

 

今では落ち着いた印象のあるダッドスニーカーも、その時はまだ火がついていて。各ブランドが色々出すもんだから、どれで個性を演出するのか、あるいは定番ダッドスニーカーを使ってどう差別化を図るか、というのがキモだった。

そんな時期に僕が気に入って履いていたのがPUMAの「RS-X」で、おもちゃメーカーのHOT WHEELSとコラボしたスニーカーだった。独特のカラーリングと、チャンキーなアウトソールデザインがグッときたのだ。

f:id:Greatest-k:20190623145125p:plain

▲赤とオレンジの繊細なトーンオントーンがビビッと。

※画像はZOZOTOWNより、まだ買えるみたい。

これを履いてPITTI UOMOに行こうと決めていた。あわよくば目立とうと密かに考えていたからだ。
結果として全く目立てずスナップを取られることも無かったが、WWDのスタイル・ディレクターであるAlex Badiaさんに「イケてるスニーカーだね!」とのお声(リップサービス)を頂き、嬉しくてちっちゃく飛び跳ねたのを覚えている。

 

その日の夜、僕はやらかした。
1日中履いたこの靴の臭いが気になりすぎた僕は、重曹が消臭に効くとの噂を聞きつけて靴の中に重曹をぶち込んだのだ。これがマズかった。

アッパーに使われているスエードとの相性が最悪で、色が剥がれてきたのだ。

f:id:Greatest-k:20190623150505j:plain

▲自宅で撮影。見るも無残なRS-X。

トゥ部分のスエード素材は肌触りカッサカサの砂漠状態になり、色が中心に寄っている。よく見るとレザーが微妙に反り返ってガチガチに固まっているではないか。メッシュ素材からも色が抜けていて、重曹の恐ろしさをこれでもかと味わった。

 

正直、捨てるか悩んだが気に入っていたのでリメイクすることにした。リメイクといっても大したことではなく、色を塗るだけのこと。
日本で馴染み深い商品といえば「染めQ」が挙げられると思うが、こんな状態に成ってしまったものに対してスプレーでイケるのか不安だったので、カスタムスニーカーに強いアメリカブランドに頼ることに。

f:id:Greatest-k:20190623151309j:plain

▲やっと主役の登場。ここまでが前置き。

その名も「Angelus Paint」。楽天にも取り扱ってるショップはあるけど値段が高いので本家から購入した。
スターターキットというものが売っていて内容は以下の通り。
・クリーナー及びブラシ
・ペイント(好きな色を3種類選べる)
・アクリルフィニッシャー(仕上がり4種類から選べる)
・ブラシ(異なるサイズで5種類)

これで30ドルほど。送料は20ドルのるかのらないかぐらいで計50ドル。趣味にするには手を出しやすい価格で、何より自分で塗るというガチ感がにわかにはたまらない。

 

Angelus Paintは、YouTubeにて初心者用に動画を投稿している。それをサラッと見てみると、手順はざっくりとこんな感じだった。
①スニーカーを洗う(新品の場合は飛ばして良し)
②乾いた状態のスニーカーにDEGLAZERを塗って汚れ取り
③好きなようにペイントする
④フィニッシャーで後処理

僕は驚嘆した。②で使っているDEGLAZERが無いからだ。そういえば本家サイトにも書いていた。北米以外には発送できないと。

詰んだかのように思えたが代用品を見つけた。アセトンだ。分かりやすく言うとマニキュアを落とすときに使う除光液だ。使い続けていると手がガサガサになっていくのを実感した。カサカサの僕の手がアセトンのポテンシャルを物語っている。コイツの実力は本物だ。

 

さて、不慣れながら手順通りに塗ってみるとこんな感じになった。

f:id:Greatest-k:20190623153112j:plain

▲あろうことか新品をもう1足買ってしまった(右)。元も子もない。

達成感と完成度に満足した。このカラーリングは恐らく全RS-Xの中でも他にないだろう。

自分のことを「器用」だと勘違いした僕は、更なることにチャレンジしたい欲求で溢れていた。カスタムスニーカーといえばNIKENIKEといえばAJ1だ。

PITTI UOMO95に行った時、履いている人が数人いて気になっていたスニーカーが「AJ1 NEW LOVE」だった。自称・器用の僕は「こんなん塗って作ったろうやないかい!」と息巻いていた。

f:id:Greatest-k:20190623153631j:plain

▲このコントラストが良い。

AJ1のLOVE系はすべてミッドカットで統一されているので、ハイカットで作ろうと思った。ちなみにハイカットの黄×黒は「Bruce Lee」という名前で偽物が存在する。この偽物を、本物で再現しようという試みだ。※kyrie3なら本物のBruce Leeがある。

 

スニーカーをメインとしたリセール市場「Stock X」にて、AJ1を購入。一番安かった「Hyper Royal」だ、価格は日本円で1万円ほど。

f:id:Greatest-k:20190623161853j:plain

▲発色がキレイ。

RS-Xのときは、基本的にブラックで塗りつぶし、オレンジを塗って色味を強調という作業だったから気づかなかったことがある。
下地の処理をしていなかったのだ。ブルーからブラックは塗りつぶせば済むのだが、イエローにするならブルー→ホワイト→イエローという手順を踏まないといけない。

これに気付いたのはイエローを6回塗り重ねた後。既に取返しがつかなくなったスニーカーがこちら。

f:id:Greatest-k:20190623172210j:plain

▲なんかアニメ版ウルヴァリンを彷彿とさせるカラーリング。

写真だと分かりにくいが、下地の青が黄色から微妙に透けている。

f:id:Greatest-k:20190623172352j:plain

▲本物はヒールにAJのマークが入る。

何回も塗ったことでステッチが潰されているのが分かるだろうか。余計な厚みが出てしまって、不格好極まりないのだ。しかも薄っすらブルーが顔を出しているのだからまだまだ塗らなければならない。ステッチの影すら消えるんじゃ?と懸念しているところだ。

 

これを見た諸兄たちは気を付けて欲しい。色付きのスニーカーを買ったなら潔くブラックにするか、白にしてから別の色を塗り重ねることを徹底するべきだ。
どうか、僕と同じ轍は踏まないように…。

 

履くかどうかは置いといて、形にはしようと思ってるから完成したら載せたいと思う。